トップメッセージ

トップメッセージ 社員一人一人が自ら考え能動的に動き、
個々の成長の集合体として事業の成長を目指します。

小松和哉社長写真

市場及び時代背景と我々の問題意識、 課題
トランコムSCが担う人財ビジネスとして今後の事業強化、
拡大の為にもっとも重要で根源となるものは「人財資源」であります。
しかし、人口減少時代に突入している日本において
その実現は極めて難しい状況であり益々困難を極めていくと予測しています。
その課題をクリアにしていく為にも我々は事業体質を変化させていく必要が急務だと思っています。
これまでの量的視点から「生産性向上」を目指した
質的な側面を兼ね備えた仕組みづくりが大切であり、
その源となる人的資源は国内にとどまる事無くアジアを中心に日本と友好な国々との
連携強化も視野に入れ我々は挑戦していかなければなりません。
今までは「仕事に合った人財のマッチング」という形で業務に焦点を合わせた事業体質でしたが、
これからは「その人財が活きる業務の開拓」というお客様へ高い生産性を提供できる形を
事業の骨子にしたいと思っています。
お客様へは質の高いサービスの提供、働く社員へは高いスキルの習得、育成ができる環境、
ここに我々の人財ビジネスの定義を定め挑戦していきます。

求職者へむけたトランコムSCの思い
目先だけを課題とした短期的な事業ビジョンではなく、
自らの人生設計も含めた長期的事業ビジョンを抱いて、
今までの延長線上にない新しい人財事業を共に考え実現していく仲間をトランコムSCは求めています。
「会社の為に」とか「利益に貢献します」の前に自分自身がどうなりたいか?何をしたいか?
この人財ビジネスを通じ自分の働き甲斐を見出し、まずは動く!
ここをトランコムSCは大切にする会社です。
ー緒に今までに無い新しい扉を開いていきましょう。

小松和哉社長小松和哉社長

トランコムSCの方針、 ビジョン達成に
向けた挑戦 3つのポイント

①派遣社員のキャリアアップ、 人財育成を全うし
 正社員化を実現していく仕組みづくり
・トランコムSCの企業使命であり企業理念の創造を
 明確にし、人在から人材へ、
 
そして人財となる

②より高い専門性を追求するための業種、
 業態の絞り込みと顧客企業へのパートナー化
・業務請負事業の構造的、 質的転換への挑戦、
 高い専門性の構築

③アジアなどにおける連携対象地域の絞り込みと
 現地インフラの構築
・官民一体となった取組へ展開し連携する国と共に
 成長できる仕組みを創造する